詳細機能(目次)  PopImaging Top  画像解析の例  評価版ダウンロード  製品版の購入  お問い合わせ

詳細機能バー

前のページ  次のページ

2.粒子の抽出と削除

 2値画像において、指定した粒子形状を有する粒子(パターン領域)の抽出/削除を行います。粒子形状の評価項目として、矩形幅、矩形高さ、面積、2次モーメント、最大長、パターン幅、パターン方向、孔数、外周囲長、全周囲長、包絡周囲長、円形度、凹凸度、ラベル番号を選ぶことができます。また、原画像表示機能を利用すると、パターン領域と原画像を重ね合わせて表示することにより、パターン領域の画像が確認できます。

粒子(パターン領域)の抽出と削除

ボトムバー

ホーム  前のページ  次のページ